不用品回収業者に依頼するデメリット

回収日に別の予定を入れ難い

遺品整理や自宅で使わなくなった不用品の処分は個人で行うよりも専門家に依頼をした方がスムーズに行えます。不用品の処分方法は大きく自治体と業者の2種類です。不用品回収業者への依頼はメリットも多い反面、デメリットもあります。中でも気を付けなくてはいけないのが時間の拘束です。専門業者の利用は事前に日時を指定する形となりますが、当日は交通渋滞などで予定より到着が遅くなるケースもあります。作業についても同様に、下見の段階で荷物の量からおおよその時間を教えてもらうことはできるとはいえ、必ずしも時間内で完了するとは限りません。作業スケジュールが不透明という理由で当日は他の予定を入れづらいという点はデメリットと言えます。

自治体の回収より料金が高くなりやすい

業者を利用して不用品を回収するデメリットの一つに料金の高さがあります。業者はボランティアで行っているわけではないので回収をしてもらうには費用を支払わなければいけません。大半の所が作業員の人数に比例して高くように計算されているため、回収する量が多くなれば必然的に値段も上がってしまいます。1個当たりいくらで計算される自治体の回収に比べるとトータルの費用は高いという点はデメリットです。ただし、業者は処分だけでなく買取も行っているので状態が良い品物は現金で引き取ってくれるケースもあります。買取対象は業者の判断で変わるので可動品なら何でもよいというわけではありませんが、このサービスを上手に活用すれば費用を抑えることが可能です。